エビス架設工業株式会社

ものを創る。人をつくる。

急募とび工

ごあいさつ

魅力ある「建設業」を構築

昨今、若者の建設業離れが大きな問題となっております。
少子高齢化の進展に伴って、建設業においても、高齢化や若年入職者の減少という構造の中、将来にわたる社会資本の品質確保と適切な機能維持を持続的に図るためには、処遇改善、多様な人材の活用等による担い手の確保・育成を更に強化しなければなりません。

そこで当社は魅力ある「建設業」を構築するため、様々な努力をしております。
資格試験挑戦講習会、映像を使用した技術、安全教育や3D・CADを使用した技術教育等、若手を中心に好評です。

若者が目標を持ち、
安心して働ける環境づくり

建設業を根本的に見直し「一歩先の新しい建設業」を目指すため、私自身が作業員の中に入り声をかけ実際に今起こっている問題についてヒヤリングをしております。特に若年者の意見に耳を傾けた結果、社会変動の影響で目標を見失う若年者が多くいることに気がつきました。
この活動は時代が変わり続ける以上続けていかなければいけないと感じております。

次に処遇改善として真っ先に進めているのが社会保障の充実です。将来に渡る年金を維持するには全員参加の必須科目です。従って当社で働く作業員は社会保険に加入、もしくは加入準備に入っております。

国土交通省の新しい試みとして建設業で共通に使用できる番号(ID)を各労働者に付与し、(必要に応じて)カードを発行、技能労働者の本人情報、保有資格、経歴、社会保険加入の有無等をあらかじめシステムに登録。
蓄積されたデータは利用目的に応じて建設業界の関係者が閲覧出来るという仕組みで単純にこのシステムを追い風にできる会社こそ将来を約束される組織と認識しております。
現場事故防止等のための安全対策についても社員教育を通して積極的に取り組んでおります。

「ものを創る。人をつくる。」

弊社の企業理念『ものを創る。人をつくる。』の創るは既成概念にとらわれることなく、想像豊かなもの創りこそ、これからの時代に必要であると考えます。

「人をつくる」とは我社の主眼であり「人材育成」が企業成長の鍵と考えます。今後、我々は「魅力ある建設業」を構築するため、建設業を根本的に見直し「一歩先の新しい建設業」を目指します。
そして人をつくることで業界全体のイメージアップをはかり、社会に貢献出来るよう努力し続けます。それには挑戦、実行あるのみです。

「新しい建設業」をめざし、少しでも日本の建設業に寄与出来るよう努力して参ります。


エビス架設工業株式会社 代表取締役 田中武

エビス架設工業株式会社
代表取締役
田中 武